歴史の中の家紋


 菊の花は昔から日本にあったわけではありません。 平安時代の中頃、中国から渡ってきた花なのです。  中国では、花の形や香りの気高さから菊は大切に され、9月9日を”重陽の節句”として、菊の花か らできた酒を飲んで長寿を祝ったと言われています。  その後、日本でも菊を皇室の紋として使用するよ うになり、特に後鳥羽上皇は菊の花を愛し、日常品 に」至るまでに菊家紋を入れられたことは有名です。  江戸時代には一般庶民でも菊紋を用いていました が、明治2年、菊は皇室だけの紋章として、一般人 の使用は禁止されました。  ただ、明治維新の功労者である西郷隆盛は、明治 天皇より菊の紋を家紋に加えることを許されました。  そのできごとを自家の最高の名誉としていました。



西郷和寿のホームページへ プロレスコーナーへ 収集マニア向けコーナーへ 西郷家の不用品売却コーナーへ 入試情報コーナーへ 町田市の個人ページコーナーへ 投書箱コーナーへ
メールは下記アドレスを、クリックして起動させて下さい!
saigou@hi-ho.ne.jp